top of page

誰が
私たちは

Youth For Future の運営は、さまざまな国籍を持つ日本の中学生および大学生によって推進されています。世界中の生徒の教育に大きな変化をもたらしたいという共通の情熱に突き動かされて、私たちは力を合わせて影響力のある変化を起こし、すべての生徒にグローバルな学習機会を促進しています。 

CEOのご紹介

エムレ・チャグラールは日本で生まれ育った18歳で、両親はトルコ人です。彼はプリスクールの頃から東京と横浜のインターナショナルスクールに通い、現在は慶応義塾大学で経済学部に進学しています。

彼は、行動と意識を通じて 17 の持続可能な開発目標すべてを推進するという明確な目標を持って 2021 年に YFF を設立しました。ここ数年、彼はすべての SDGs の推進と行動に情熱を注いでいます。 

しかし、教育に対するより強い情熱と、組織のより明確なビジョンを作成するために、YFF のリーダーシップは、すべての SDG に重点を置くことから、質の高い教育のみに焦点を移すことを共同で決定しました。  

IMG_7582 2.JPG

未来のための青少年の歴史

エムレ・カグラール氏は、行動と意識を通じて17の持続可能な開発目標すべてを推進するという明確な目標を掲げて2021年にYFFを設立しました。この組織は、日本のさまざまなインターナショナルスクールのクラブと協力することでこれを実現しました。わずか 3 人の中心メンバーから始まった YFF を運営するグループは、2023 年までに 30 人以上の学生に拡大しました。

 

YFFが主催した過去のイベントは、小学生から高校生までのさまざまな年齢層に持続可能な開発目標を認識させ、それに参加してもらうことに焦点を当てていました。たとえば、彼らは気候危機を理解するために小学生を対象に毎年「環境フリップグリッド週間」を実施しました。同団体は、さまざまな学校の学生が参加するゴミ拾いなどの共同イベントも開催し、参加者が30人を超えることもあった。

 

2023 年 9 月、YFF はより焦点を絞った影響を与えるためにその使命を刷新しました。指導部は、経済発展途上国(LEDC)と先進国の両方の学生への支援を優先することを決定しました。この組織が新たに重点を置いているのは、LEDC の学生に学用品を提供し、井戸を建設して、有益で効果的な学習環境を作り出すことです。 

ボードメンバー

エムレ・チャグラール

創設者兼CEO

山本セナ

副社長 

小室エネス

アドバイザー

bottom of page